GSX-RときどきNSRところによりランエボ

ご覧いただきましてありがとうございます。バイクとの出会い・バイクがある環境に感謝しつつ、人生を楽しみましょう・・・なんてね^_^

久しぶりのワックスがけと家族車のバッテリー交換・・・の巻

天気予報どおり、朝から一日まとまった雨になった(._.)                                                    ニュースで梅の開花が流れていたな・・・春を待ち望んでいるけれど、まだまだ毎日寒い。

f:id:p-gorou:20220123183304j:plain

 

まずは、今週初めにバッテリー上がりの症状が出た家族車のバッテリー交換を次回のために記録しておこう('_')                                      今回は既存と同じくパナソニック製のカオスライト。                                        そう言えばまったく関係の無い話だが、家電メーカー製のバッテリーと言えば、ソニーが自動車業界に参入するとかニュースでやってたような・・・まぁ、一から十までソニー製じゃないんだろうけれど、もう自動車は「油臭い機械」じゃなくて「電気製品」ってことだろうか?なんだかすごいなぁ(*_*;

f:id:p-gorou:20220123183855j:plain


ただ、規格は既存の「44B19L」に対して「46B19L」を選択・・・と言うか、44Bがどこにも売っていないので直近上位へ。44Bは廃盤になったのかな?                                              ボケてますが、たぶん右下の記号が製造年月日かな?←21年12月21日製造?                

f:id:p-gorou:20220123191346j:plain

 

箱出し状態の電圧は、12.88V。

f:id:p-gorou:20220123191539j:plain

 

インジケーターはこんな感じ。                                          赤色の周囲がほぼ青色・・・これが「良好」の配色と覚えておこう('_')

f:id:p-gorou:20220123191621j:plain

 

そうそう、既存の44Bから容量UPしたんだからそれだけ重量が増えたかを確認するため、重量計測・・・9,061g。

f:id:p-gorou:20220123191848j:plain


早速交換・・・今回はバックアップメモリーを使用した('ω')ノ                 けれど、交換途中、クリップの挟み込む力が弱くて、外れてしまった・・・( ;∀;)

f:id:p-gorou:20220123205536j:plain

 

取り外し完了(*_*)                                              前回交換した際に貼っていたシールが残っていた・・・使用期間は2年と2ヵ月間程度。

f:id:p-gorou:20220123205735j:plain

 

左下の記号からして、平成31年8月19日製かな?

f:id:p-gorou:20220123210151j:plain

 

最終電圧は13.04V・・・まだまだ行けそうな感じもするが(-_-;)

f:id:p-gorou:20220123210254j:plain


最後の重量測定・・・容量が少ないんだから軽いに決まっている(-_-)                結果、8,693gだから▲368gとなった。                       イヤ、これはバッテリー液が減っているからか?

f:id:p-gorou:20220123210443j:plain

 

さて、話はバイクへ('_')                                         こんな寒いし雨が降る日は、イジる気力が失われてしまった(._.)                                               なので、たまにはワックスでもかけてあげようか(*^^*)                                                                                                           

f:id:p-gorou:20220123214050j:plain

 

おっ、映り込みが戻ってきたな(^'^)

f:id:p-gorou:20220123214211j:plain

 

タンクも艶が戻ってきて、イイ感じになってきた。

f:id:p-gorou:20220123214322j:plain

 

GSX-Rも磨き込む。                                           こっちのタンクは磨き傷のようなものがひどいな(*_*;

f:id:p-gorou:20220123222725j:plain

 

GSX-Rの白(パールスティルホワイト)は、その名の通りパール入り。                    これに蛍光に近いオレンジとレッドを混ぜ合わせたような赤がとてもキレイ(*_*)                                                  このシングルシートカバーは、2~3年前に新品へ交換したものでまだまだキレイだが、この先、経年劣化で段々とこの鮮やかさが無くなって行くのが残念だ(._.)

f:id:p-gorou:20220123223444j:plain

 

ワックスがけ終了後のウエス。                                                              アンダーカウルはかけていないにも関わらず、アッパー・タンク・シートって案外汚れているものだ。

f:id:p-gorou:20220123225447j:plain


こうやって磨いていると、ところどころに新たな傷を発見して、だんだんとボロくなってきたのがわかる(*_*;                                         当然、走らなければ走らないほど傷は増えないけれど、まぁ、あの世にバイクは持って行けないからね・・・後悔しないようガンガン走らないと(^_-)-☆

f:id:p-gorou:20220123214453j:plain

 

それじゃまたね(^^)/

 

 

不機嫌なNSR?・・・の巻

今週初めに家族の車がバッテリー上がり気味の症状を起こした(-_-;)               毎日使用する車だから致命傷だ・・・ランエボも2019年11月27日に交換した記録があるからもう3年を超えたのか(._.)                              しかし時が経つのは早いね、もう3年か(*_*;                                                     たまには充電でもしようか・・・充電前は13.11V。                      やっぱり週末以外は、ほぼ毎日に乗っているからだろう、まだまだ行ける。                    【後日追記】                                           3年じゃなくて2年と2ヵ月間程度です(-_-;)・・・すみません、深夜に書いたのでボケてますね(*_*;      

f:id:p-gorou:20220122235308j:plain

 

パナソニック製のカオスにはインジケーターが付いてるけれど・・・見えにくいと言うか参考例のようにハッキリしていないが、たぶん「充電不足」だろう。            

f:id:p-gorou:20220122235512j:plain

 

充電中・・・

f:id:p-gorou:20220122235740j:plain

 

よし!完了('_')                               0.85VのUP。

f:id:p-gorou:20220122235818j:plain

 

さて、明日は雨模様・・・そのおかげなのか?今日は比較的暖かい(*^^*)                                           家族行事の合間をぬって、今年初のチョイノリへ・・・と思いきや(._.)         チョーク全開で始動→1~2分経ったところでチョーク戻し・・・しばらく経ったらエンジンが停止(*_*;                                                            なかなか再始動しない・・・このパターンはプラグがカブったな( ;∀;)                                  最近は暖気運転ばかりで、走っても全開走行していない。               今月、フロント側のプラグ掃除はやったものの、リヤ側はそのままだったし、仕方ないか(-_-)

f:id:p-gorou:20220123000422j:plain

 

と言うことで、プラグ掃除をやるか・・・早速、シートとタンクを取り外し。                           

f:id:p-gorou:20220123000836j:plain

 

あー、やっぱりカブってるし、真っ黒だ(._.)

f:id:p-gorou:20220123001038j:plain

 

歯ブラシでゴシゴシ掃除をして・・・まぁまぁキレイになったかな?

f:id:p-gorou:20220123001215j:plain

 

再装着・・・しかし、シンプルそうで補器類だらけで複雑そうで・・・NSRのエンジンって見ているだけで楽しい(*^^*)

f:id:p-gorou:20220123002456j:plain

 

よし!無事に一発始動。

f:id:p-gorou:20220123001252j:plain

 

ちょいと寄り道をして、今年春先に交換したエアクリエレメントでも見てみよう・・・タンポポの種のような綿状のゴミが少々付着している程度でまだ掃除は良いとするか。

f:id:p-gorou:20220123001424j:plain

 

あとはエレメントをはぐって、小悪魔でも見てみるか(-_-;)                 だまし絵と言うか、心理テストと言うか・・・スロットルバルブは何に見えますか?

f:id:p-gorou:20220123002003j:plain

 

いつ見ても、私にはこう見えてしまう・・・(*_*;

f:id:p-gorou:20220123002227j:plain

 

色々と寄り道していたら今日は街乗りしかできなくなってしまった(._.)                      ガルゥーン!テスト始動も終わったし・・・

f:id:p-gorou:20220123002800j:plain

 

あーあ、タンクの置き場所が悪かった・・・オイルで汚れてしまった(*_*;

f:id:p-gorou:20220123002925j:plain

 

ちなみにサイレンサーの出口を拭いてみると・・・

f:id:p-gorou:20220123003024j:plain

 

こんな感じ・・・そりゃ飛散するよ。

f:id:p-gorou:20220123003103j:plain

 

街乗りでもやっぱりバイクは楽しいな('ω')ノ

f:id:p-gorou:20220123003249j:plain

 

一方、GSX-Rは・・・快調に一発始動。                        本当にバッテリーは終わってるのかな?

f:id:p-gorou:20220123003919j:plain

 

それじゃまたね(^^)/

 

 

デイトナ製タイヤレバーを研究してみる(実践編)・・・の巻

今日は、今シーズンイチの寒さのように感じた一日だった( ;∀;)                  風邪引いとるかな?(-_-;)                                                                      しかも小雨で、バイクに乗ること自体を遠慮したい珍しい週末だった(-.-)         

 

さて、昨日開封した2種類のデイトナ製タイヤレバー(*_*)                寒い中だが、気合を入れて試してみようか('ω')ノ                 

出ました!先週に続いて2週連続出場のGSX-Rのボロホイールと昨年春先に交換した廃タイヤ(*_*;                    

f:id:p-gorou:20220116214322j:plain

 

まずはビードワックスをたっぷり塗りまくり(*_*;

f:id:p-gorou:20220116214550j:plain

 

もちろん、ホイールにもたっぷり塗りまくる。ただし、効果が出ているかは不明であるね・・・(._.)               

f:id:p-gorou:20220116214719j:plain

 

もちろん先週と同様に『取り付け→取り外し』と言う通常では行わない順序で実施。さぁ始めるか!

最初は、①取り付けの片側・・・からだけれど、この工程はレバーを用いずとも押し込むだけで完了となった(^'^)                            これは完全に、ワックス塗りまくりの恩恵かな?

f:id:p-gorou:20220116215025j:plain

 

次に②取り付けのもう片側・・・

f:id:p-gorou:20220116215128j:plain

 

なかなかクランプタイプが使いづらい・・・慣れれば良いんだろうけれど(._.)    ロングタイプの方が活躍したが、やはりテコの原理だろう・・・いつものレバーよりは強力な力が得られたような感じがした。

f:id:p-gorou:20220116215616j:plain

 

ここまでは、あんまり2種類の特殊レバーの恩恵は少ないように感じた。     

f:id:p-gorou:20220116220643j:plain

 

さて、折り返し地点。                             もう寒さが限界に感じてきたので、ビードブレーカーは使用せず・・・と言うか、空気を入れていないので特に問題なく(*_*)                                   まずは③取り外しの片側から。                                                            やはり、クランプタイプは使い慣れないため、いつものレバーとロングタイプを併用。

f:id:p-gorou:20220116220750j:plain

 

とりあえず完了。                                                                       ホイールへのワックス塗りまくりの影響かな?                  リムプロテクターが滑りまくっていかん(-_-;)                    イヤ、もうずいぶん使ってるから開きクセが付いてガバガバだ。予備を買っておこうかな。

f:id:p-gorou:20220116221138j:plain

 

いよいよ最後の工程、④取り外しのもう片側。                  この工程が鬼門なのでクランプタイプが活躍する・・・はず。

f:id:p-gorou:20220116222326j:plain

 

なるほど、使いやすい(*^^*)                             まさにここがクランプタイプの真骨頂だ。                       使いやすい理由は、隠れて見えない裏のタイヤリムを拾いやすい。         あと、幅があるタイヤの場合、この工程ではロングタイプの方が全然有利だし、拾い上げる力が得やすい。

f:id:p-gorou:20220116222538j:plain

 

一連の作業が完了した。                                  強いて言うならば、クランプタイプは先端部分の『平べったい箇所』が少ないから作業時に滑りやすい傾向があるかな?                                             とは言え、ある程度細くないと④取り外しのもう片側・・・の際に、見えないリムを拾い上げにくいのかもしれない。                             たぶん、ツワモノ揃いの開発陣ばかりのメーカー(デイトナ)だろうから、十分に研究された結果なんだろう('_')

f:id:p-gorou:20220116224439j:plain

 

最後に考察を(*_*)                                    ①クランプタイプは、どちらと言えば『取り外し工程』で活躍するような気がする。                                                          ②ロングタイプは、テコの原理。使わない手は無い。                                                                  ③もしこれから新規でレバーを揃えるとした場合、私ならば『ロングタイプ2本+クランプタイプ1本』を買うかな?                                      ④タイヤの手組みは、コレ!と言った法則は無いようで、個々の技量がものを言うから特殊なレバー無しでも全然問題ないが、私のような下手くそには良いのかもしれない。                                                   ⑤何と言っても慣れだろうから、数年に一度のタイヤ交換・・・とは言わず、ボロホイールと廃タイヤを使って、日頃から『運動不足解消の一環』として作業して経験値を積む(*_*;

f:id:p-gorou:20220116223151j:plain

 

さて、ビードブレーカー改修に特殊レバーにメンツは揃った・・・ボチボチ、NSRのタイヤ交換でもやるかな?                                イヤ、もう少し暖かくなるのを待とうかな?

f:id:p-gorou:20220116225506j:plain

 

それじゃまたね(^^)/

 

 

デイトナ製タイヤレバーを研究してみる・・・の巻

こんな寒い毎日だけれど、嬉しいことに日に日に日没の時刻が遅くなってきた(^'^)・・・早く春が来ないかな?

ピンポーン('ω')ノ                               おっ!届いたかな(._.)                              先週のビードブレーカー改修テストの際に感じた『タイヤ交換をもっと効率的?にできないかなぁ』に関連して、試しにタイヤレバーに変化をつけてみよう・・・と言うことで早速購入してみた('_')                              しかも2本も(-.-)・・・衝動買い?イヤ、これはテストだ(-_-;)            ごちゃごちゃ頭の中で考えるよりも、行動だ('_')                  そうそう今年は寅年だ、寅は千里行って千里帰る・・・と言うし(*_*;                                共に、バイク乗りならば一度は世話になるかもしれないデイトナ社製の製品。          ※左:クランプタイプ、右:ロングタイプ                               

f:id:p-gorou:20220116012043j:plain

 

ロングタイプは、単純にテコの原理でより強い力が得られる・・・と言う理由で購入。    

珍しいクランプタイプは、嫌いな工程を容易にクリアー出来そうな予感で購入。    

まさに図の左側の工程がそう(._.)

f:id:p-gorou:20220116013412j:plain

 

今使っている物(写真一番右)との単純比較。            

f:id:p-gorou:20220116013544j:plain

 

まずはこれから購入を検討している方のために詳細寸法を(*_*)

ロングタイプの先端幅は、約25mm。

f:id:p-gorou:20220116013725j:plain

 

最先端の厚みは、約1.5mm。

f:id:p-gorou:20220116013941j:plain

 

次にクランプタイプ。先端幅は、約22mmで若干小さい。

f:id:p-gorou:20220116014054j:plain

 

最先端の厚みは、ロングタイプと変わらず約1.5mm。               ここは強度の問題で変化を付けていないんだろうか?

f:id:p-gorou:20220116014156j:plain

 

現在使っているレバーは、標準的なサイズで、グリップ部を除いた有効長は約190mm←写真では約185mmに見えます(._.)

f:id:p-gorou:20220116014558j:plain

 

これがロングタイプになると、約250mmで約60mm長くなった←写真では約185mmに見えます(._.)                                 この差がどのように作業へ影響するかが楽しみだ('ω')

f:id:p-gorou:20220116014728j:plain

 

最後にクランプタイプ、約250mmでロングタイプと同じ←写真では約240mmに見えます(._.)                                     偶然だろうか?それとも、デイトナが導き出したベストなサイズなんだろうか?   まぁ、このタイプは長さうんぬんよりも形状がノウハウなんだろうけれど(._.)

f:id:p-gorou:20220116015425j:plain

 

ちなみに真横から見た形状はこのとおり。                      使ってみないと本当に何とも言えないな(*_*;

f:id:p-gorou:20220116015644j:plain

 

今日はなんだかんだバタバタで、使い勝手のテストは明日にしようか( ;∀;)              主役のバイクたちも、小汚いガレージ内で暖気運転のみ(._.)               終わってそうで終わっていない『スーパーナットバッテリー』は、今日も快調にエンジン始動(-.-)

f:id:p-gorou:20220116020332j:plain

 

先週発覚したカブリ気味のプラグ・・・再発防止のため、チョークを引いた状態のアイドリング時間をできるだけ短くするようにした。

f:id:p-gorou:20220116020529j:plain

 

それじゃまたね(^^)/

 

 

寒さが嫌いなNSRは不機嫌?・・・の巻

初詣は込み合う日を避けて行くのが恒例だ(*_*)                   コロナもまた広がりを見せているし、余計にね(._.)                     そんなこんなで、今年は朝日が昇る前から参拝へ。                       

f:id:p-gorou:20220110211103j:plain

 

日中は込み合う参道もゆっくりと歩ける。                       しかしなんだろうか?神社の神秘的な雰囲気と言うものは(._.)

f:id:p-gorou:20220110211328j:plain

 

手水で清めて、いよいよ本殿へ(*_*)

f:id:p-gorou:20220110212308j:plain

 

パチッパチッ、今年も無事に過ごせますように・・・(._.)

f:id:p-gorou:20220110212419j:plain

 

お参りをすませて帰るころには、明るくなってきた('_')

f:id:p-gorou:20220110212503j:plain


もちろん帰りは、門前町で出来たてホヤホヤの梅が枝餅を・・・いつ食べてもウマいなぁ(*^^*)

f:id:p-gorou:20220110212817j:plain


さて、今日は世の中、成人の日と言うこともあって晴天(^'^)             初チョイノリも検討したけれど、山をなめたらいかん・・・と言うことでNSRで街乗りへ(*_*) 

f:id:p-gorou:20220110215009j:plain

                                                                          そう言えば、年末には特に掃除もしていなかったため、レーサーレプリカの顏でもあるカウルの拭き掃除を行おうか(*_*;                            もちろんGSX-Rもね('_')                 

f:id:p-gorou:20220110215150j:plain


ところでこの時期はチョーク始動が必須で、約10分間はそのまま暖気運転。       しかも街乗りだけで、エンジンを回せるのはわずかな区間だけ・・・たぶんプラグは良好な状態ではないだろう?(-.-)                          この際だから見てみるか(@_@)                           んっ?その前にチャンバーに付着した黒い斑点を見つけてしまう・・・(-_-;)            推測するには、上側のチャンバーフランジから噴き出したような位置関係だ(*_*;     近々、チャンバーを外してみるかな?

f:id:p-gorou:20220110215640j:plain

 

さて、とりあえず、外しやすい下側シリンダーのプラグを外してみる。       確か、春先に新品へ交換したけれど、うわぁ・・・ガイシ部分はキツネ色っぽさがあるけれど、その周囲はススだらけ(-_-;)                       これはこのままだとカブリそうだな。

f:id:p-gorou:20220110220142j:plain


とりあえず、掃除だけして戻そう。                           たぶん、シリンダー内部もすごいだろうな(._.)                  走行距離や時間が伸びるにつれ、いろんなことを考えて行かないといけないようだ( ;∀;)

f:id:p-gorou:20220110222143j:plain


夕方、家内の実家から魚のおすそ分けの電話が('_')                   お刺身かな?煮つけかな?焼き魚?・・・!(^^)!                        今夜は晩御飯のことを考えなくて良いようだ(^^)v                     「ピンポーン!」                               うっ、ブリそのまんまか・・・しかもデカいじゃないか・・・(-_-;)←比較のため、カップラーメンを(-.-)                                   これは・・・このままじゃ・・・さてどうしようかな?                    

f:id:p-gorou:20220110224522j:plain

 

それじゃまたね(^^)/

 

 

改修したビードブレーカーをテストしてみる・・・の巻

クリスマス→大晦日→正月・・・と怒涛のような日々も終わり、身も心も徐々に普段に戻りつつある1月第一週の週末(*_*)                              世の中の多くの人がそう感じている・・・イヤ、私だけかもしれない(*_*;

 

寒い寒いと言っていても始まらないから、体を動かそう(._.)               NSRのタイヤ交換を前に、先般行ったビードブレーカーの改修具合をテストしてみるか。                                     改修と言っても、ホイールと接触する部分にゴムを貼り付けただけだ(-.-)       私のような(安物・ボロ・ゴミ)ビードブレーカーって、購入箱出し状態では必要最小限の箇所に、ペラペラの粗悪なゴムしか貼り付けられていないから、これから購入する人は要注意(-.-)                                      特にシャンシャンの故郷で製造されたと思われる製品は・・・(-_-;)          ※どこにどう貼り付けたかは、過去の記事を参照ください。

f:id:p-gorou:20220109223916j:plain

 

テストは、GSX-Rの予備と言うかゴミ同然のホイールと春に交換した廃タイヤを活用して実施してみる(-.-)                              そうだよ、テストするにはタイヤを取り付けないと(*_*;

f:id:p-gorou:20220109224228j:plain

 

ところでタイヤ交換は大嫌いな作業の代表格。                   理由は、かなりの重労働にも関わらず、たまにしか行わないためすぐコツを忘れる・・・何か『これっ!』と言ったものが無いのだろうか?

                                       今回はテストのため、取り付けることからスタートしているが、本来の主な工程は、①片側のリムからタイヤを外す→②もう片側のリムからタイヤを外す(ここで古タイヤが分離)→③片側のリムにタイヤを入れる→④もう片側のリムにタイヤを入れる(ここで新タイヤが装着)・・・となる。                               私の場合、②が鬼門だ(-_-;)                              グダグダ言っても仕方ないからさっさと作業を。                    テストのため、③からの作業。                          ここの作業はベットリとビードクリームを塗れば、タイヤレバーを使わずとも入ることもある。                                   もちろん、タイヤの種類(ゴム質)や季節(夏場と冬場)があるのでハッキリ言えませんが。

f:id:p-gorou:20220109225839j:plain


次に④の作業。                                作業の前にベットリとビードクリームを塗りまくる。タイヤのみならず、ホイールにだって塗りまくる。

f:id:p-gorou:20220109230649j:plain


この作業も、リムが外に面しているので作業がしやすい・・・しやすいと言うのは、タイヤレバーの動きを邪魔(制限)するものが無いため、レバーを自由に動かせる範囲が広い。

f:id:p-gorou:20220109230303j:plain

 

ここでもポイントは、レバーを差し込む(タイヤを入れ込む)反対側のタイヤをつぶすこと。写真下のようにヒザでグイッと!

f:id:p-gorou:20220109231409j:plain

 

理由は、ホイールってリムの中央部分が一番へこんでいる構造=内径が小さいから反対側のレバーを差し込む(タイヤを入れ込む)箇所に余裕が生まれるから。

f:id:p-gorou:20220109231821j:plain

 

「中央部分が一番へこんでいる構造」とは、こんな感じに(*_*)

f:id:p-gorou:20220110124253j:plain

 

あとはサクサクと・・・。

f:id:p-gorou:20220109231901j:plain

 

ここまで入れば、あとは・・・

f:id:p-gorou:20220109232034j:plain

 

ハンマーでたたき込む。

f:id:p-gorou:20220109232104j:plain


さて、本番さながらエアーまで充填しよう・・・

f:id:p-gorou:20220109232353j:plain

 

と、思ったら、エアーバルブが付いて無かった( ;∀;)

f:id:p-gorou:20220109232427j:plain

 

もういいや・・・さて、本題のビードブレーカーの出番('_')

f:id:p-gorou:20220109232603j:plain

 

ん・・・なかなかイイ感じだ。完全にビードが落ちた。

f:id:p-gorou:20220109232723j:plain

 

これから①の作業に入ろう。                          もちろん、ここでもレバーを差し込む反対側はヒザで思いっきりつぶす(-.-)

f:id:p-gorou:20220109233238j:plain


ここでのポイントは、最初のレバー(写真で言う左側のレバー)と次のレバー(写真で言う右側のレバー)の距離を離さないこと。                      

横着しないでコツコツ、小刻みに・・・離しすぎるとものすごい力が必要なる。

f:id:p-gorou:20220109233541j:plain

 

最後に鬼門の③の作業へ。                           何が鬼門かと言うと、最初のレバー差し込みの後・・・

f:id:p-gorou:20220109234029j:plain


次のレバーの差し込みがうまくいかない(._.)

f:id:p-gorou:20220109234155j:plain

 

なぜ、うまく行かないか?                             もう片側のタイヤのリムが、レバーの動きを邪魔(制限)するから。         写真で言うと『SC1』の部分があるから、これ以上レバーを写真の上方向に動かせないわけです。                                   もちろんNSRのような幅150だとサクサク行けて、今回のような幅200×扁平55の場合に限るかもしれません。                               そうか!てこの原理でもっと力が入る長いレバーに変えたらどうかな?もう少し考えてみるとするか。

f:id:p-gorou:20220109235111j:plain

 

いっその事、反対側からレバーで押し出すような形で取り外した方がいいのかも?  この際、立ててから作業すると効率が上がりそう('_')               ※今回は、この方法で取り外し。

f:id:p-gorou:20220110124600j:plain


おっと、そうだよ(*_*;                             肝心な改修したビードブレーカーがどうだったか?                  一段高い部分(ホイールの外側(リム)が当たる)はガッチリとカバーしてくれている。    これでビードブレーカーとホイールの接触が無くなって、傷防止になったようだ。                 

f:id:p-gorou:20220109235845j:plain


次にホイールの中心部分が接触する箇所は、傷だらけだが、さすが国産5mm厚の高品質ゴム・・・ガッチリとカバーしてくれたようだ。                  箱出し状態では、粗悪品ゴムも貼られていないから、やはり貼っておくべきかな?と言うか、今までは幸い大丈夫だったのか(-_-;)

f:id:p-gorou:20220110000201j:plain


気付いてみれば、今回の記事は、記録と言うか自分への問いかけばかりで面白くも何とも無く申し訳ありません(._.)

ところでなんだけれど・・・こんなテストをせずに本番やっていたら、今ごろ、NSRのタイヤ交換は終わっていたな( ;∀;)(-.-)

それじゃまたね(^^)/

 

 

 

2022年の初乗り・・・の巻

もう・・・勘弁して欲しい(._.)                         寒い・・・( ;∀;)                                北海道・本州の方からすれば中学生程度の寒さだろうけれど、やはり寒さはダメだ(*_*;

さて、今年最初のバイクだ(*^^*)                             と言っても、1月3日のことですみませんが(*_*)

この時期、NSRは100%、チョーク始動。                    本調子になる水温45℃くらいまでの暖気に約10分間は必要かな?

f:id:p-gorou:20220109010802j:plain

 

一方、GSX-Rは今シーズン初めてチョークが必要になった。

f:id:p-gorou:20220109015445j:plain

 

とは言え、あっという間に水温は上昇して行くあたり、さすが4ストかな。

f:id:p-gorou:20220109015502j:plain

 

NSRは隣町の公園まで街乗りへ。

f:id:p-gorou:20220109015815j:plain

 

GSX-Rは、押して帰れる距離あたりまで(*_*;

f:id:p-gorou:20220109015907j:plain

 

そろそろ、いろんな整備を開始しなければらないが、寒くて気合が入らない今日この頃(-_-;)

なので今日は掃除でもやるか(-.-)                       と、NSRのリフレクターを分解してみる・・・もちろん初めて。

f:id:p-gorou:20220109020148j:plain

 

へぇー、リフレクター+スペーサー+ナットの3点セットで構成されてるんだ。

f:id:p-gorou:20220109020317j:plain

 

フェンダー側を拭き掃除。

f:id:p-gorou:20220109020435j:plain

 

リフレクターに見知らぬ傷を発見(@_@)                        こんなところに傷が入るとはどういうことかな?                            購入して数十年目にして初めて知った・・・購入当時、バイク屋さんにつかまされたかもね(-.-)

f:id:p-gorou:20220109020531j:plain

 

まぁ、今さらどうでもいいや(-"-)                        しかし、キレイになった(*^^*)

f:id:p-gorou:20220109020837j:plain

 

それじゃまたね(^^)/